葬儀の告別式の夏用衣装の慣習変化の奨励

葬儀の告別式で真夏場の喪服の着用は非常に暑苦しいので皆が率先して夏用衣装の奨励を推進しないとならないこと。

葬儀の告別式の夏用衣装の慣習変化の奨励

葬儀の告別式の夏用衣装の慣習変化の奨励

葬儀をする場合は故人がお亡くなりになって2-3日のうちにまず夜間にお通夜というのをやって、その翌日の午前から昼間にかけて告別式というのを開催します。
そのお通夜でも翌日の告別式でも特に制限ない限りは普通は全員喪服というのを着て参加することが日本ではほとんどどの地域でも当たり前の慣習で、それを時間的都合で着ることができない親族とは関係ない一般の外部の参加者は黒の腕章を腕にはめるなどして故人とそのご遺族に対しての敬意を称することになっています。
さてその喪服を着ることが当たり前のお通夜と告別式ですが、この時期は大変に参加者にとってもかなり苦しい時期でもあります。
それは非常に蒸し暑い時期だからであります。

そんな蒸し暑い時期での葬儀のお通夜と告別式でも喪服着用でも参加ですが、考えてみればその喪服のファッションというのはほぼ1種類しかないことに気が付きます。
もともと喪服自体を着る機会が滅多にないので何種類も作れない台所事情もありますが、真冬でも真夏でも同じ衣装を同じように着て参加をしているのです。

しかし真夏の蒸し暑い時期に長袖の衣装を着るのは大変に苦痛を強いられます。
なのでこの苦痛を緩和するためにも真夏場での着用に関する慣習はみんなで変える必要を奨励しないとなりません。まず喪服の夏用衣装に関する奨励は業界や著名人たちが率先して推奨する必要があるでしょう。
なぜならお葬式業界の人は毎日のようにそれをビジネスにしています。
そして目立たないですが、細かいいくらかの作法などの扱いについては参加者に丁寧に説明するなどして少しずつではありますが何十年前に比べて変化を確実にしてお葬式をやりやすくしてきました。
また著名人たちの行動の変化も一般の人にも自然に伝わってそのお葬式をさらにやりやすくしてきました。
その典型的な事例は家族葬です。
この10年来で急速に一般の人にも普及してきたのです。
なので誰かが率先して真夏での参加ではたとえばスーツはクールビズのように着用はタブーにするとか、生地が非常に薄い夏用衣装を着るなどの行動を何人かして、それがたびたび報道されるようになってくると、一般の人たちの真夏場でのお葬式の参加もかなりやりやすくなってくるのです。
Copyright (C)2015葬儀の告別式の夏用衣装の慣習変化の奨励.All rights reserved.